ベラジョン 休眠・休止アカウントになる条件と管理費用は?

登録 ベラジョン サポート
ベラジョンのようなオンラインカジノでは休眠アカウントというのがあります。
アカウントを作りっぱなしでプレイしていない場合にオンラインカジノ側が管理費を請求する仕組みとなっています。
今回はベラジョンの休眠アカウントについて解説していきます。

ベラジョン 休眠・休止アカウントとは?条件は?

オンラインカジノでは休眠アカウントというのがあります。ずっと放置されていて眠っている状態のアカウントという意味ですね。
ベラジョンにも休眠アカウントというのがあり、しばらく、取引をせずにいると休眠状態とみなされてしまいます。
一方で、ベラジョンでは休止アカウントというのもあり、規約をみると休眠アカウントと休止アカウントは別ものとなっているようです。
・休眠アカウント
入金、またはキャッシュでのプレイを90日以上行っていない状態
・休止アカウント
12か月連続でアカウントでの取引がみられない状態
休眠アカウントとみなされると、ご褒美プログラムで獲得したコインを没収されてしまいます。
一方で、休止アカウントとみなされてしまうと管理費用が発生してしまいます。
ただ、すぐに管理費用が徴収されるわけではなく、休止状態になる1か月前にメールで連絡がくるそうです。その場合、アカウントにログインすれば、再度、アカウントを有効にすることができます。
ログインしておらず、入金しておらず、プレイもしていない場合には休止アカウントとみなされるみたいですね。

ベラジョン 休眠(休止)アカウントの管理費用

休眠アカウントのほうは管理費用はとくにかからないようです。コインが没収されるだけで、それ以外の制約とかはないみたいですね。
休止アカウントの場合は、管理費用が発生します。管理費用は「アカウント残高の月々5%または$5のいずれか高い方に相当する金額」となっています。
なんもしていないのに、月に500円ほどかかってしまうのはもったいないですね。
アカウントに残高がなければ、徴収されることはないようです。そして、この管理手数料は特別な事情がない限り返金されないと規約にかかれています。
例外的に、休止状態期間中の健康障害、またはそのほかの合理的な原因の証明があれば返金されるそうです。こういった証明は難しそうなので、戻ってこないと考えておいたほうがよさそうですね。
しばらくプレイしない場合には、残高を出金しておいたほうがいいでしょうね。
ほかのオンラインカジノでも同様なところが多いようです。気を付ければ特に問題はないので、こういった仕組みであることだけは理解しておくといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました