オンラインカジノの違法性・合法性

ベラジョン 危険 オンラインカジノ

オンラインカジノを日本で遊ぶ場合の最大の懸念点は、違法なのか、合法なのかという点ではないでしょうか。

 

気軽に遊べるということで、軽い気持ちで遊んでいたら、逮捕されるようなことがあれば、人生もめちゃくちゃになってしまいますし、絶対に避けたいところですよね。

 

今回は、オンラインカジノの違法性、合法性について解説していきます。日本でオンラインカジノを遊んで大丈夫なのか、気をつけるべきポイントはなにかなど、解説していきますので参考にしてみてください。

 

オンラインカジノの違法性・合法性

・オンラインカジノは違法な存在?

オンラインカジノは外国政府のライセンスの発行というのを受けて、海外の企業が運営を行っています。

 

厳しい審査を受けて、その国の法律に則って、ライセンスを発行してもらっていますので、合法的に運営されています。

 

外国政府のライセンスを持っていれば、そのオンラインカジノ自体に違法性はないです。ただ、このオンラインカジノを日本で利用した場合に、合法性、違法性の問題が生じてきます。

・オンラインカジノは日本では違法?

日本には賭博罪という法律があり、ギャンブル(賭博)は違法として禁止されています。例外として、競馬、宝くじ、競輪といった法律で認められたものは、合法であり、問題ないということになっています。

 

オンラインカジノもギャンブルであり、日本では認められていません。そのため、日本の会社がオンラインカジノを運営することはできず、運営していれば違法として処罰されます。

 

ここで問題となってくるのが、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本人のプレイヤーが遊んだ場合に、違法になるのかどうかという点です。

 

これについては、現在の法律では、「違法でも合法でもないグレーな状態」と言われています。

 

現在の日本はオンラインカジノなど、インターネットを利用したギャンブルについては、法整備が追いついていないのが現状です。

 

オンラインカジノに関する明確な定義なども定まっておらず、当然ながら、法律も整備されていないわけです。法律がない以上、オンラインカジノを利用したからといって、違法として処罰するのは難しいということです。

・日本のオンラインカジノプレイヤーの逮捕が難しい理由

現状の日本の法律においては、逮捕が難しいと言われていますが、その理由としては次のようなものがあります。

・賭博罪で逮捕するのは、罪刑法定主義(ざいけいほうていしゅぎ)に反する恐れがある

罪刑法定主義というのは、簡単に言ってしまうと、刑法は何が犯罪でどんな処罰があるのか明確でないといけないという原則です。

 

賭博罪は、刑法185条-187条に規定されていますが、刑法は、逮捕、罰金などによって、国民の私権を制限する性質があります。そのため、国家権力による恣意的な乱用を防ぐためにも、その運用は慎重に行われる必要があります。

 

どんなことが犯罪となり、どんな処罰があるのか、明確でないと、国民が萎縮してしまうので、法律で明確に定めていないといけないということですね。

 

現在の法律では、オンラインカジノに関する定義もなく、明確に違法とする法律もないので、これを違法として処罰しようとするのは、罪刑法定主義に反するのではないかと言われています。

・賭博罪におけるプレイヤーは付随的な存在である

賭博罪は古い法律であり、もともと、胴元を処罰する目的が強い法律と考えられています。プレイヤーの逮捕は胴元の逮捕に付随するものであり、プレイヤーのみを逮捕するというのは妥当ではないと考えられています。

 

現実的に、海外で合法的に運営しているオンラインカジノの会社を逮捕することはできず、プレイヤーのみを逮捕することになるので、これは、もともともの法律の趣旨としてもおかしいのではないかということです。

 

オンラインカジノが違法となるケース

日本ではオンラインカジノの法律がないので、違法でも合法でもないグレーと説明してきましたが、違法となるケースもあります。

 

それは、日本にある会社がオンラインカジノを提供している場合です。店舗でオンラインカジノを提供したりしているところは、賭博罪として、提供している会社も利用者も逮捕されることになります。

 

あくまでも、海外で合法的に運営されている場合には、グレーということなので、この点は注意しましょう。

 

日本のオンラインカジノプレイヤーが逮捕された事例

2016年に日本でオンラインカジノを利用した3人が逮捕されるという事件がありました。3人中2人は略式起訴となりました。

 

残りの一人は裁判で争う姿勢を見せて、その結果、不起訴処分となっています。不起訴処分というのは、無罪ということですね。

 

検察が不起訴としたのは、上で紹介したような法律的な問題があり、有罪にするのは難しいと判断したからだと思われます。

 

オンラインカジノを利用した日本人が逮捕されたことがあるというのは衝撃を受けるかもしれません。ただ、不起訴処分を勝ち取ったということは、現行の法律では有罪にするのは難しいと考えられますので、この件によって、逮捕のリスクは低くなったとも考えられます。

 

警察としても、有罪にできる確証がないのに、逮捕に踏み切れば、警察という組織の信用問題にもなりかねないんで、かなり慎重になっているのではないでしょうか。

 

こういったことからも、現状では、海外のオンラインカジノを利用したからといって逮捕される可能性は低いと考えられます。

日本で安全に遊ぶために大事なポイント

海外で合法的に運営しているオンラインカジノを選ぶというのが大前提となります。そのうえで、評判がよかったり、口コミがいい安全性が高いところを選びましょう。

 

間違っても、日本の組織が運営しているオンラインカジノや、日本国内の店舗型のオンラインカジノなどは利用しないようにしましょう。

オンラインカジノの違法性・合法性のまとめ

オンラインカジノの違法性、合法性について解説してきましたが、現状では、逮捕のリスクは極めて低いと考えられています。

 

ただ、あくまでも法の抜き道のような感じで、グレーなものとなっていますので、そのへんは気をつけて、慎重に遊んでいくのがいいかと思います。

 

今後、日本のオンラインカジノ関係の法律がどうなっていくか分かりませんが、パチンコとか公営ギャンブルとか公然と行われている状況で、オンラインカジノのみを規制するという流れにはなりにくいのではないかなと思いますね。

 

一方で、法整備して合法化とかすると、利権の問題とかで複雑になると思うので、このままグレーな状態で放置されることになるのかもしれませんね・・・

 

いずれにせよ、オンラインカジノ業界の法律の動向については、今後も注視しておくようにしたほうがいいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました